パーマネント!

2018.08.04 Saturday

0

    ご無沙汰しております・・・間に季節は真夏!

    このところ日本各地で気温40度超を記録し、

    メディアでも頻繁に熱中症の予防が言われています。

    心配性の本間、午後の一番暑い時間は、

    冷凍庫からスーパーカップ(バニラ)を取出し、

    解熱作用があると言われるジンは持っていないので代わりにウィスキーを垂らし、

    チビチビ食べながら過ごしている今日この頃ですが、

    皆様は如何お過ごしでしょうか〜^^

     

    スーパーカップを食べ過ぎて仕事にならなくなった午後、

    溜まってしまったTVの録画を整理することにしました。

    その中で気になっていた番組を早速観ることに。

    2018年2月17日放送、TV東京系「美の巨人たち」坂茂「紙のカテドラル」!

     

     

    CCC_002.jpg

    紙のカテドラル ファサード (坂茂建築設計HPより)

     

     

     

    「美の巨人たち」は、TV東京系で放送されている美術系教養番組で、

    「多くの作品群から一枚の絵(作品)にスポットを当て、

    その一枚に塗り込められた秘密を深く追いかける事で、

    美の巨人達の人間像をドキュメントしていきます。(HPより)」

     

    2018年2月17日放送は、「紙のカテドラル」の設計者、坂茂。

    坂茂氏は、アメリカで建築を学び、

    紙管、コンテナなどを利用した建築や災害支援活動で知られる建築家。

    2014年には建築分野の国際的な賞であるプリツカー賞を受賞している。(Wikipediaより)

     

     

    nomado01.jpg

    ノマディック美術館 ニューヨーク 外観 (坂茂建築設計HPより)

     

     

     

    nomado02.jpg

    ノマディック美術館 ニューヨーク 内観 (坂茂建築設計HPより)

     

     

    そんな坂茂氏の作品が建てられた場所、ニュージーランド南島の都市クライストチャーチ。

    この町のシンボルとして愛されてきた大聖堂が、2011年の大地震で崩壊。

     

     

    CardbordCathedral_before2.jpg

    地震で崩壊した旧聖堂(坂茂建築設計HPより)

     

     

    再建されるまでの代わりとして建てられたのが、今回の作品「紙のカテドラル」です。

    姿は三角形をしています。

    正面を彩るのは美しいステンドグラス。

    700人収容できる礼拝堂へ入ると、柔らかな光が降り注いでいます。

    実はこの大聖堂は紙で造られているのです。

    ラップの芯のような紙管(しかん)と呼ばれる紙の管が

    十字架、祭壇、説教台などあらゆるものに使われています。

    紙という素材が作りだす温かみのある空間。(美の巨人たちHPより)

     

     

    CCC_005.jpg

    紙のカテドラル内観(坂茂建築設計HPより)

     

     

    旧聖堂の崩壊から約1年の後に完成した「紙のカテドラル」について、

    坂茂氏が語った言葉は、

    本間の建築に対する概念を根底から覆すものでした。

     

    本間が建築に最初に魅力を感じた部分、

    それは「人間よりも建築は、強くそれ故に長く生き長らえる」ということでした。

    自分が死んだ後にも、生きた証として残り続ける。

     

    そう信じていた建築に対し坂茂氏は、

    「コンクリートで造っても、お金儲けの為に造った商業建築は、仮設なんです。

    だけど、たかが紙で造ってもみんなが愛しさえすれば、パーマネントになり得る。」と。

     (パーマネント:長持ちすること。半永久的なこと。また、そのさま。)

     

    現在、年間30〜40万人がこの「紙のカテドラル」を見る為に、クライストチャーチを訪れるとのこと。

    この教会の関係者の言葉に、

    「紙のカテドラルは、クライストチャーチの希望と復興の象徴に止まらず、

    アイデンティティーになっている!」とありました。

    この紙の建築は既に、パーマネントに向かう生命力を、宿し始めているのです。

     

    物の強さではなく人の愛が、パーマネントを生む!!

    号泣 (T.T)

     

     

    CCC_009.jpg

    ステンドグラス部見上げ(坂茂建築設計HPより)

     

     

    ブログ頑張って更新して行きますです〜。

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする