おかやま建築探訪〜ルネスホール〜

2015.10.13 Tuesday

0

    天高く馬肥ゆる秋!皆様美味しいもの召し上がってますでしょうか?
    本間美味しい建築、食べ歩いております〜^^
    先日の日本建築学会中国支部主催の「おかやま建築探訪」のご報告の続きです。
    2作品目、「旧日本銀行岡山支店・ルネスホール」。


    IMG_3509のコピー.jpg
    全景

    正面玄関の4本のコリント様式のエンタシス柱が、印象的です!

     


    IMG_3483のコピー.jpg
    ホール入口前

    設計:旧日銀岡山支店/長野宇平治氏、ルネスホール/佐藤正平氏、
    構造:煉瓦・鉄筋コンクリート・鉄骨・石
    東京駅の設計者/辰野金吾氏の弟子である長野宇平治氏が設計した旧日銀岡山支店は、
    古典主義を見事に表現した岡山県内唯一の建築です。
    この建築の保存活用の為、佐藤正平氏により多目的ホールとしてリノベーションされました。
    2012年日本建築学会賞(業績)を受賞しています。


    IMG_3487のコピー.jpg
    ホール内部

    写真左の一見暖炉のような物は、耐震補強の為のRC造の柱で、
    ホールの四隅に配置され小屋組みを支えています。
    設備もここに集約され、新規に追加される物が、
    既存建物の意匠を害さないよう配慮されています。
    ただ、デザイン的に馴染ませる方向で検討されたものではなく、
    ルーブル美術館のガラスのピラミッドのように、
    新旧のコントラストを付けることにより、
    既存デザインの魅力を強調しているように思います。


    IMG_3499のコピー.jpg
    カフェ入口

    元公文書庫は公文庫カフェとして利用され、立派な扉がお出迎えです。
    一度入ったら出て来るの苦労しそう〜。


    IMG_3498のコピー.jpg
    小屋裏

    小屋裏空間は約一層分有り、小屋組みと設備配管で一杯でした。
    新旧の鉄骨、配管、煉瓦壁等が入り交じり、
    独特な魅力を発していました。
    新旧の知恵が集積された秘密の見せ場!
    いいもの見れました〜^^


    IMG_3485-02.jpg
    正面列柱

    日本建築学会中国支部の皆様、関係者の皆様、大変お世話になりました!
    ご馳走様でした〜^^

    次回以降、朝日新聞社岡山支局、おかやま信用金庫内山下支店、ノートルダム清心女子大本館・東棟、
    山陽新聞本社ビルを、ご報告致します〜。

     
    コメント
    コメントする