屋根の家〜ぃ!

2015.09.29 Tuesday

0

    form0 gallery へようこそ!
    今回は、片流れ屋根の平屋造りでその屋根が全面ウッドデッキ敷きで、
    テーブルと椅子とキッチンとシャワーがついている
    住まい
    手塚建築研究所(手塚貴晴氏+手塚由比氏)設計の「屋根の家」です。


    屋根の家-02.jpg
    手塚建築研究所HP より
     

    神奈川県秦野市の住宅地に建つ木造平屋建ての住宅です。
    丹沢山系弘法山が正面に広がる絶好のロケーション!
    この住宅の最大の特長は、何と言っても全面ウッドデッキ張りの屋根です!
    この屋根、緩勾配の片流れで、キッチン、テーブル、ベンチにシャワーまで設置されている。
    上り下りは、屋根面に複数設置された天窓から梯子を使って行うというもの。

    家の中より屋根にお金を掛けたと言われるこの住まいは、
    お客様の生活スタイルから導き出されたものです。
    建て替え以前の住まいでも、急勾配の瓦屋根に家族で出てお茶をされていたとか。
    休日にはご家族それぞれ屋根リビングに上り、食事をしたり横になったり思い思いに過ごされるとのこと。

    發て見晴らしが良く、広々していて解放的で、日射しふんだんに降り注ぎ、風が吹き抜ける。
    理想のリビングは、実は建物の外(屋根の上)にあったんだと目から鱗な解でした。
    今回もコロンブスの卵!炸裂!!でした〜^^


     
    関連する記事
    コメント
    コメントする